管理人 のすべての投稿

専門家への相談

ファイナンシャルプランナーという言葉は聞いたことがありますか。

結婚をしたり家をたてたり子供を育てたりなど自分たちの将来の夢や目標をかなえるためにそれを実現するための計画を立てる、その人生設計がライフプランといいます。その夢や目標に対し総合的な資産計画を立てて経済的な面から実現に導くのをファイナンシャル・プランニングといいます。この計画を立てるためには金融や不動産、住宅ローンや生命保険など幅広い知識が必要となりますが、この知識を備え一緒に考えサポートしてくれる専門家がファイナンシャルプランナーといいます

相談ファイナンシャルプランナーは、様々なところで使うお金などの相談に乗ってくれ総合的に生活設計を行ってくれます。たとえば、家計の見直しや老後の生活設計、子供がいれば教育資金の準備や住宅ローンなどの見直しなど資産運用の方法や保険の見直しや税制や相続に関することなど相談することが可能となります。

こうした専門家に相談することで、自分では気が付かなかった問題点などがみつかることもあり、後から後悔することもすくなくなるのではないでしょうか。すべてを任せる必要性がないのである程度自分で方向性を決めてから確認等をする形で相談してみてもいいのではないでしょうか。

【関連リンク】ほけんの時間【公式】|生命保険見直しの無料保険相談

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

医療保険料の払い込みと期間

保険料払い込み期間は保険料を払い込む期間のことになります。保障期間でも申し上げましたが定期保険、いわゆる掛け捨てタイプのように支払う期間がきめられたものや、一生涯支払を続ける終身タイプなどがあります。

ファイナンシャルプランナー1入院の限度日数とは、入院の期間中で、どこまで保証を受けることができるのかを表す日数です。非常に長い期間で入院することになったら、ある一定の期間で保険会社からの補償が途絶えることになります。これは、保険会社も無期限にしてしまうと、金銭的に難しくなってしまうためです。

1入院の保障限度日数は、一回の入院期間でどれだけの期間保障が受けられるかを表した日数になります。その期間というのは、どの保険会社や商品によって違います。短いものだと30日程度から長くなると1000日前後までと本当に幅の広いいろいろなものがあります。そのため、自分の必要な保険がどのようなものなのかによって選ぶようにしましょう。

これら4つのポイントをまず考える必要性があります。ただ、現在さまざまな保険会社があり、いろいろな商品が出てきており、どの商品がいいのかわからなくなってしまう人もおおいかと思います。そんな時活用していただきたいのがファイナンシャルプランナーと呼ばれる人たちです。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

医療保険を選ぶには

医療保険を選ぶときは何をポイントに選んだらいいのかわからない人はおおいのではないでしょうか。まず、おおまかに4つのポイントがあります。入院給付金日額、保険期間、保険料払い込み期間、1入院の限度日数になります。

入院給付金日額とは、入院した時に一日に対し支払われる金額のことをいいます。入院は治療費や食事代、差額ベット代などがありそれらを合わせるとだいたい入院一日あたりの費用として1,5000~1.6000円前後となります。これらを踏まえて、入院中は特に自営業の方は収入が減ってしまいますので日額1.0000円前後が人気が高いようです。

保険期間保険期間というのは医療保険を受けられる期間のことをいいます。大まかに終身タイプと掛け捨てタイプがあります。終身保険というのは保険料が生涯上がらないタイプの保険になり、生涯にわたって保障を受け続けることができます。保険料は加入する際の年齢や条件によって変化しますがそこからは一生涯上がることはないため、若いうちから加入しているとお得な保険ともいえます。

また終身医療保険には保険を解約した時に払い戻しが行われる解約払戻金というのもあり資産運用の方法としての一面ももっています。その分保険料も割高になっています。また途中解約をしてしまうと解約払戻金が今まで支払った保険料を下回ることもあり気をつけなければなりません。

掛け捨てタイプは、終身保険と違って、年齢に応じて保険料が変化していきます。一般的に高齢になればなるほど保険料は上がっていきます。こちらは解約払戻金がないため、資産運用の方法としては使えませんが保険料は終身医療保険に比べて割安となっており、保険の乗換えや見直しがしやすいです。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

医療保険の有無

医療保険という保険はご存知ですか。多くの人が加盟しているのではないでしょうか。医療保険と聞くと病気になったとき安心して治療を受けられる保険だと認識している人も多いです。逆に入っていないと治療を受けられないという感じを受け取ってしまう人もいるかもしれません。

医療保険医療保険というのは基本的に入院した時に一日当たり○○円が支給されるものであり、将来必要になる可能性のある病院代の負担を減らすために月々保険料を払うというのが趣旨になっています。そう考えると、貯蓄が十分にある人や会社などの福利厚生が充実していて保障が十分な人は払う必要性があまりないのではないかと思います。そのような事態に陥った時、たとえばお子さんだいたり入院費用の負担が不安な人は逆に必要性が高いかと思います。

このように入るか入らないかだけでも選択肢ができてしまうため、いざ、入るとなるといったい何を選んだらいいのかわからなくなってしまう人もいるでしょう。今や医療保険は各保険会社が一番力を入れている商品になっておりその競争によって新商品もどんどん発売され選択することが難しくなってきます。その中から自分にあったものを見つけるのは困難です。今の自分の置かれている状況や経済的なものそれをすべて考えながら多々ある商品を見出すにはどれほどの時間がかかるのでしょうか。考えるのを途中で投げ出してしまうかもしれません。

では医療保険を選ぶときは何を考慮していけばいいのかご説明いたします。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket